ホームページ作成

無料提供ホームページが閉鎖された場合の復旧方法を紹介※初心者向け

無料提供ホームページが閉鎖された場合の復旧方法を紹介※初心者向け

当方はホームページ作成とそれに付帯する業務に携わっているので、プライベートで以下のような相談を受けることがあります。

  • 無料ホームページ上でブログ運営していたが閉鎖された、どうにかならない?
  • 有益な情報が掲載されていた個人運営のホームページが閉鎖された、役立つ資料が無くなり困ってる、どうにかならない?

本記事では、そんな閉鎖されたホームページを復旧する方法を紹介いたします。

はじめに

閉鎖されたホームページを閲覧するだけなら、専門的な知識は不要となりますが、復旧を行うには最低限以下の知識が必要となります。

  • HTML/CSS
  • FTPソフトの操作
  • ドメインやサーバの契約と設定
  • WordPressの操作と設定

過去にホームページを運営されていた方であれば、特に問題無いと思います。
また、本記事は思い出が紛失して困っている方など初心者向けへの暫定復旧となりますので、完全復旧をお望みであれば、本記事は有益な情報になりませんことをご承知おきください。

無料提供ホームページ閉鎖の代表例と閉鎖要因

ホームページやブログが普及されてから20年近く経ちますので、無料提供されていたホームページやブログは次々閉鎖されています。

無料提供ホームページ閉鎖の代表例

  • Yahoo!ジオシティーズ
  • U-page+(so-netの無料ホームページ)
  • Page ON(OCNの無料ホームページ)

また、普及から20年近くも経てば、個人運営者も歳を重ねていますので、諸事情でホームページ運営の継続ができなく、ドメインやサーバーの契約が滞り消滅することは多々あります。

閉鎖されたホームページを閲覧する方法

インターネットの図書館と称される過去サイトを見る「WAYBACK MACHINE」を使うことで、簡単に閲覧することができます。

WAYBACK MACHINE
URL:https://web.archive.org/

入力窓に閲覧したいサイトやページのURLを入力することで、過去に公開されていた内容を閲覧することができます。

WAYBACK MACHINE
出典:WAYBACK MACHINE

また、任意の期を選んで内容を閲覧することができます。

WAYBACK MACHINE
出典:WAYBACK MACHINE

閉鎖されたホームページを復旧する方法

手段は2通りあります。

  1. WAYBACK MACHINEから内容を手動で転記する(初心者向け)
  2. WAYBACK MACHINEからデータをまとめてダウンロードする(上級者向け)

1.WAYBACK MACHINEから内容を手動で転記する

まず「1.WAYBACK MACHINEから内容を手動で転記する」ですが、かつてのデザインをそのまま復旧するなどの、こだわりが無ければ、コピペで対応してください。
ただし、ボリュームによりますが結構大変です。
実際にとあるサイトを以下の方法で復旧作業を行ったところ、丸2日間くらいかかりました。

  • 自前でドメインとサーバを契約
  • WordPress環境を構築
  • ひたすら内容を投稿にコピペ

決して効率的ではありませんが、最低限の知識と時間さえあれば、誰でもできる方法となります。

ドメインとサーバの契約が面倒な方

「ドメインとサーバの契約が面倒」や「WordPressって何?」という方であれば、アメブロにコピペしてください。
国内トップシェアのブログであるアメブロなら、サービスが停止することは、おそらく無いでしょう。

Amebaブログ
URL:https://ameblo.jp/

2.WAYBACK MACHINEからデータをまとめてダウンロードする

WAYBACK MACHINEからデータをまとめてダウンロードする方法があるだろうと調べたところ、ローカル環境(自パソコン)に保存して閲覧する方法を指南する、ありがたいページがありました。

失われたウェブサイトのデータを Internet Archive からまとめてダウンロードする
URL:https://shikaku-sh.hatenablog.com/entry/download-lost-website-from-internet-archive

上記のページを参考に環境構築すれば、一気にデータをダウンロードし、ローカル環境で内容をスムーズに閲覧することができます。
ただし、こちらの方法は専門的な知識や疑問点を自己解決する能力が無いと難しく、初心者向けではありません。
「ターミナルって何?」「rubyって何?」「GitHubって何?」という方であれば、むしろ容易ではないので「1.WAYBACK MACHINEから内容を手動で転記する」方法を推奨します。

注意点

第三者が運営していたホームページの内容を無許可に復旧して公開するのは人道に反するので止めて下さい。
あくまで元々自身で運営していたホームページの復旧、もしくは第三者の運営ホームページの復旧であれば、参考資料としてローカルで楽しんでください。

ココミルならお手頃価格でホームページを作成

以上が、閉鎖されたホームページの復旧方法となります。

なお本記事の執筆は、ホームページ制作者となります。
当方が提供するホームページ制作は「集客に繋がります」などの安易な謳い文句を言いません。
まずは事業主の信頼を上げることを目的としたホームページをお手頃価格で提供しております。

有償になりますが、要望や事情を聞いた上で、たとえば本記事で紹介したホームページの復旧も提供することは可能です。
ご用命の際はお問い合わせくださいませ。