ホームページ作成

ナレッジパネルの認証と編集方法を解説【企業向け】

ナレッジパネルの認証と編集方法を解説【企業向け】

Google検索で企業名や人物名で検索した際に表示される情報枠をナレッジパネルと呼ばれるエリアです。

ナレッジパネル
出典:Google検索 

このナレッジパネル、企業が認証、編集するにはどうしたらよいのか?

結論から申しますと、
まず認証は、前提条件として「ナレッジパネル」が表示される必要があります。
この条件クリア、正式な代表者であれば、認証を受けることができます。

次に編集は、一部の情報編集を除き、制御することはできません。
なぜならナレッジパネルは、Googleが把握している情報を元に自動で生成されているからです。

以下、Googleの公式ブログから引用
↓↓↓

ナレッジグラフ(ナレッジパネル)の情報源
ナレッジパネルの「エンティティ(実在する物事)」に関する情報は、2012 年にリリースされたナレッジグラフに基づいています。これは、ウェブ全体で共有されているデータ、オープンソース データベース、ライセンスされたデータベースから、エンティティに関する事実と情報を識別するシステムです。ナレッジグラフには、約 50 億のエンティティに関する 5,000 億を超える事実が蓄積されています。
広く引用される情報源はウィキペディアですが、それ以外にも音楽、スポーツ、テレビに関する情報ではライセンスデータを参照するなど、ウェブ全体で数百のソースからナレッジグラフは構成されています。加えて、開催が予定されているイベントなどでは、コンテンツの管理者が活用できるマークアップという特別なコーディングを元に情報を抽出しています。

引用:Google 検索のナレッジグラフとナレッジパネルとは 

ナレッジパネルとナレッジグラフについて

「ナレッジパネル」「ナレッジグラフ」と異なる名称で呼ばれることがあります。
これはどちらも正しく、ナレッジパネル内にある情報をナレッジグラフと言います。

ナレッジパネルとナレッジグラフについて

本記事では、ナレッジパネルという名称で固定させていただきます。
出典:Google検索 

次項より、ナレッジパネルを認証、編集する方法を解説します。

ナレッジパネルの認証をする方法

前述でお伝えしましたが、前提条件として、ナレッジパネルが表示される必要があります。
曖昧な言い方になりますが、ある程度の規模と認知度のある企業しか、このナレッジパネルは表示されません。
表示傾向としては、ウィキペディアに掲載されるくらいの認知度が必要です。

ナレッジパネル表示傾向
出典:Google検索 
 注意点

ナレッジパネルの表示目的で、ウィキペディアに自作自演で投稿するには、やめてください。
たとえば、世間の認知度が低い中小企業が、ウィキペディアに自作自演で投稿しても、ウィキペディア側は営利目的と判断、削除される可能性が高いです。
あくまで、自然な流れでウィキペディアに掲載された企業が「ナレッジパネルに表示される傾向にある」ということです。

ナレッジパネルが表示されていれば、正式な代表者であれば、認証を受けることができます。
正式な代表者としての認証を受ける手順は次のとおりです。

以下、Googleのナレッジパネルヘルプから引用
↓↓↓

  1. アカウントをお持ちでない場合は、Googleアカウントを作成してください。
  2. Google検索を開きます。
  3. 自分自身または自分が代表するエンティティを検索し、そのナレッジパネルを表示します。
  4. 下部の [ナレッジパネルの認証を受ける] をクリックします。
    • このオプションは [概要] セクションに表示されます。
    • モバイル デバイスの場合:メニュー アイコン 
      次に [ナレッジパネルの認証を受ける] をタップします。
  5. 情報を確認します。
  6. エンティティの下記の公式サイトまたはプロフィールのいずれかにログインします。
    • YouTube
    • Search Console
    • Twitter
    • Facebook

ヒント:Google がエンティティに関連付けられているサイトを特定できない場合は、本人確認に役立つ詳細情報の提供を求めることがあります。

引用:Googleの認証を受ける – ナレッジパネル ヘルプ 

ナレッジパネルの編集をする方法

「ナレッジパネル」=「Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)」と誤解されやすいですが、Googleビジネスプロフィールはナレッジパネル内の要素の一つになります。

ナレッジパネルの構成

たとえば「マクドナルド 原宿」と施設名を検索した際に表示されるナレッジパネルはマクドナルド原宿竹下通り店のGoogleビジネスプロフィールです。
こちらであれば、マクドナルド原宿竹下通り店Googleビジネスプロフィール管理者であれば主要な情報は編集することができます。

Googleビジネスプロフィール
出典:Google検索 

しかし、「マクドナルド」と企業名だけで検索した際に表示されるナレッジパネルはGoogleビジネスプロフィールではなく、ウェブ上にある情報自動収集したもの(ウィキペディアなど)が情報源となっています。
こちらは先ほどのGoogleビジネスプロフィールと異なり、情報は編集することができません。

ナレッジパネル
出典:Google検索 

ナレッジパネルに表示される情報の変更をリクエストおよび提案する方法

ただし、自動生成された情報ですので、誤った情報が表示される場合もあります。
前述の認証を受けることで、情報修正やメイン画像の変更の提案などが可能です。

ナレッジパネルの認証を受ける
出典:Google検索 

フィードバックで修正を提案

もしくは、こちらもナレッジパネルの下部にある「フィードバック」リンクで修正を提案することができます。
特に法律、医療、科学、歴史などの公益性の高いトピックに関することは対応に期待ができます。

ナレッジパネルフィードバッ
出典:Google検索 

以下、Googleの公式ブログから引用
↓↓↓

特に法律、医療、科学、歴史などの公益性の高いトピックに関する問題や、深刻かつ緊急性が高い問題などに関して、ポリシー違反が明らかな不正確な事実を削除しています。

引用:Google 検索のナレッジグラフとナレッジパネルとは 

ココミルならお手頃価格でホームページを作成

以上がナレッジパネルを認証、編集する方法を解説となります。

なお本記事の執筆は、ホームページ制作者となります。
ココミルが提供するホームページ制作は「集客に繋がります」などの安易な謳い文句を言いません。
まずは事業主の信頼を上げることを目的としたホームページをお手頃価格で提供しております。

また、検索結果に関する知見は幅広く持っておりますので、検索結果に関するお悩みがあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。
スパム報告のやり方を紹介【Google検索エンジン版】