SEO

SEOで絶対にやってはいけない5つのミス

SEOで絶対にやってはいけない5つのミス

SEOは、ウェブサイトのトラフィックを増やす重要な手法ですが、恐らく「何となくは知ってるけど、がっつりやってるわけじゃない」という方が多いのではないでしょうか。
SEOは試行錯誤の連続で、成功すると嬉しいものですが、間違った方法を実践すると、逆に検索エンジンからの評価を下げてしまうことがあります。

以下は間違った方法を実践し、オーガニックトラフィックが激減したSEOの失敗例です。

SEO失敗例
出典:Ahrefs 

本記事では、SEO初心者や中級者が避けるべき5つのミスについて、分かりやすく解説します。

SEOと検索エンジンの基本概要

SEOとは何か
SEO(Search Engine Optimization)は、検索エンジンの結果ページ(SERP)で自分のウェブサイトの順位を上げるための技術や戦略のことです。
検索エンジンは、ユーザーに最も関連性が高くて質の良いコンテンツを提供するのが目的です。
検索エンジンの仕組み
検索エンジンは、ウェブサイトをクロールしてインデックスし、アルゴリズムを使ってランキングを決定します。
このアルゴリズムは数百もの要因を考慮し、ユーザーに最も適した結果を表示します。

やってはいけないSEO

ペナルティ通知例
出典:Google Search Console;

【1】ブラックハットSEO手法の危険性

キーワードの詰め込み
キーワードを詰め込みすぎると、コンテンツが不自然になり、ユーザー体験が損なわれます。
検索エンジンもこれをスパム行為と判断し、ペナルティを課すことがあります。
隠しテキストと隠しリンク
白い背景に白いテキストを置くなど、ユーザーに見えない形でキーワードやリンクを隠す手法は、検索エンジンに見つかると重いペナルティを受けます。
クローキング
検索エンジンに対しては特定のコンテンツを見せ、ユーザーには別のコンテンツを表示する手法です。
これは検索エンジンのガイドラインに反し、厳しく罰せられます。

【2】重複コンテンツの作成

重複コンテンツの定義と問題点
同じ内容のページを複数作成すると、検索エンジンがどのページを優先すべきか混乱し、全てのページの評価が下がる可能性があります。
重複コンテンツを避ける方法
独自性のあるコンテンツを作成し、他のサイトからコピーしないことが重要です。
また、canonicalタグを使用して、正しいURLを検索エンジンに伝えることも有効です。

ホームページ作成後の注意点!SEOにおけるカニバリゼーション意識は重要


【3】質の低いバックリンクの取得

スパムリンクのリスク
質の低いサイトからのリンクは、検索エンジンからペナルティを受ける原因になります。
リンクは質を重視することが重要です。
質の高いバックリンクの重要性
高品質なサイトからのリンクは、信頼性を高め、ランキング向上に貢献します。
自然なリンクビルディングを心掛けましょう。

【4】無意味なメタタグの使用

メタタグの適切な使い方
メタタグは、検索エンジンにウェブページの内容を伝える要素の一つです。
適切なキーワードを選び、自然に配置しましょう。
キーワードの選定と配置
ユーザーの検索意図に合ったキーワードを選び、タイトルタグやメタディスクリプションに含めるなど、基本的な設定を配置しましょう。

【5】ページの読み込み速度の無視

ページ速度の影響
ページの読み込みが遅いと、ユーザーはすぐに離脱し、検索エンジンの評価も下がります。
ページ速度はSEOにおいて重要な要素です。
速度改善のためのツールと方法
Google PageSpeed InsightsやGTmetrixなどのツールを使用して、ページ速度を測定し、改善点を把握しましょう。
画像の最適化やキャッシュの利用、コードの圧縮などが有効です。

サイトの読み込み速度を計測するツールの紹介

PageSpeed Insights
Googleが提供するPageSpeed Insightsは、ウェブページの読み込み速度とパフォーマンスを分析する無料ツールです。
デスクトップとモバイルの両方に対応し、改善点と最適化の提案を提供します。
これにより、ユーザー体験の向上と検索エンジンでの評価向上を支援します。
PageSpeed Insightsを活用して、ウェブサイトの速度と効率を最適化しましょう。
詳細:https://pagespeed.web.dev/ 
GTmetrix
GTmetrixは、ウェブサイトのパフォーマンスを分析し、改善点を特定するための無料ツールです。
ページの読み込み速度や総合的なパフォーマンスを評価し、詳細なレポートを提供します。
各種指標や提案に基づいて、画像の最適化やコードの圧縮など具体的な改善策を実行することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指せます。
詳細:https://gtmetrix.com/ 

表示速度対策|ホームページ作成後の落とし穴!検出 – インデックス未登録の解決方法は?

正しいSEOの実践方法

高品質なコンテンツの作成

ユーザーのニーズに応える内容
ユーザーが求める情報を提供し、役立つコンテンツを作成することが重要です。
リサーチを行い、ターゲットオーディエンスのニーズを把握しましょう。
競合調査と差別化
競合他社のコンテンツを分析し、自社のコンテンツを差別化する方法を見つけましょう。
独自の視点や価値を提供することで、ユーザーに選ばれるサイトを目指します。

ユーザビリティの向上

モバイルフレンドリーなデザイン
モバイルデバイスからのアクセスが増えているため、レスポンシブデザインを採用し、モバイルフレンドリーなサイトを作成することが重要です。
ナビゲーションの改善
ユーザーがサイト内を簡単に移動できるように、直感的なナビゲーションを設計しましょう。
パンくずリストや明確なメニュー構造が役立ちます。

適切なキーワードリサーチ

キーワード選定のツール
キーワードプランナー(旧:Google アドワーズ)やAhrefsなどのツールを使用して、効果的なキーワードを見つけましょう。
キーワードの配置と使い方
適切なキーワードをページタイトル、メタディスクリプション、見出し、本文に自然に配置し、検索エンジンに関連性を伝えます。

キーワードリサーチツールの紹介

キーワードプランナー(旧:Google アドワーズ)
キーワードプランナーは、Googleが提供する無料のツールで、SEOや広告キャンペーンのキーワードリサーチに役立ちます。
ユーザーは検索ボリュームやキーワードの競合状況を確認し、最適なキーワードを選定できます。
詳細:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/ 
Ahref
Ahrefは世界のデジタルマーケターが導入しているSEO分析の有料ツールです。
ターゲットサイトの検索キーワード情報を抽出できるため、たとえば競合が取得しているキーワードを洗い出しや分析に役に立ちます。
詳細:https://ahrefs.jp/ 

まとめ

本記事では、SEOで絶対にやってはいけないことと、正しいSEOの実践方法について解説しました。
SEOの成功には、ユーザーのニーズに応える高品質なコンテンツと、検索エンジンのガイドラインに従った正しい手法が不可欠です。
これらのポイントを守り、長期的なSEO戦略を立てることで、ウェブサイトのトラフィックとビジネスの成功を実現しましょう。

SEOチェックポイント

  • キーワードの最適化
  • 高品質なコンテンツの作成
  • ページ速度の最適化
  • モバイルフレンドリーなデザイン
  • 内部リンクと外部リンクの最適化

推奨ツール

Google Analytics(GA4)
ユーザーの行動を分析し、コンテンツの改善に役立てます。
詳細:https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/ 
Google Search Console
サイトのパフォーマンスを監視し、問題点を特定できます。
詳細:https://search.google.com/search-console/about 
その他のSEOツール
キーワードプランナー(旧:Google アドワーズ)やAhrefsなどのツールを使用して、SEO戦略を強化しましょう。
キーワードプランナー(旧:Google アドワーズ)詳細:https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/ 
Ahref詳細:https://ahrefs.jp/ 

よくある質問

キーワードの詰め込みは具体的にどういうことですか?
キーワードの詰め込みとは、コンテンツ内に過剰にキーワードを挿入する行為です。
たとえば、「SEOやり方 SEOやり方 SEOやり方…」といった不自然な使い方が該当します。
自然な文章の流れを維持し、適度にキーワードを使用することが重要です。
クローキングとは何ですか?
クローキングとは、検索エンジンには特定のコンテンツを見せ、ユーザーには異なるコンテンツを表示する手法です。
これは検索エンジンのガイドラインに反しており、重いペナルティを受ける可能性があります。
高品質なバックリンクとは具体的にどういうものですか?
高品質なバックリンクとは、信頼性のある関連性の高いウェブサイトからのリンクです。
たとえば、業界の権威あるサイトや信頼できるブログからのリンクが該当します。

サイテーションと被リンクの違いとSEOへの影響